So-net無料ブログ作成

もの思ふ秋 [ジッチ]


秋です。
サルリ(ジッチは行動が猿っぽいからこう呼びます)も、何やらモノを思ってる様子。

5391.jpg


今晩のおかずはなんだろうな~>いやいや、申し訳ないが、いつも同じごはんですから。

お腹が空いたな~>いやいや、朝ご飯あげたでしょ!

どうしても、おつむの中は食べ物のことばかりなようで。。。

いつもいつも、何かが食べたくて仕方がないサルリ。
テーブルの上にあるものを欲しがり、こぼしたものはすぐ飛びつき、
台所に立てば足元で何か落ちてくるモノは無いかと、これまたひたすら待機。。。


 

 

サルリは、慢性炎症性胃腸疾患症候群です。IBDと言われています。

原因は、色々あるのです。
○免疫異常(アレルギーのケースが結構多い)
○免疫反応性
○免疫介在性
○成長期における、腸管への悪影響
  ・栄養障害
  ・慢性胃腸炎
  ・与えるべきでない薬物の影響
  ・コクシジウムやカンピロバクターなどの原虫や菌
○遺伝性
○感染症
○内分泌
○神経性

発症の原因は、確定できません。
サルリが育った環境が少なからず影響しているのは確かですが、
今更そんなことを言ったところでサルリが元気になる訳ではないので、
私は獣医さんと相談しながら、彼が快適に過ごせるようにサポートをするだけです。

彼の症状はどういったものかと言うと、お腹を壊します。そのせいで、嘔吐をすることもありました。
下痢をするのももちろんですが、良い便をしていても腸管から出血し、血便となります。
酷い時は、トイレが真っ赤になるほど下血し、お尻の毛も汚れます。
なかなか原因が分からず、拾い食いなのか、齧った段ボールやビニール、マタタビの皮等がお腹に入ったからなのか
兎に角、今でもちょっとしたものでも異物が口に入らないように神経を使っています。

今まで何度もお腹を壊し、そのたびに薬で正常な状態に戻していましたが、
何度も腸出血を繰り返すと、腸管がおかしくなり、更なる異常に繋がる恐れもあるので、
今後はずっと投薬(彼にはメトロニダゾールという抗菌剤が良く効きます)です。多分一生。。。

今年になってから、喉のところにおできが出来ていたのに気付きました。
表面ではなく皮膚の下あたり、米粒大のものでした。
様子を見ていたのですが段々に大きくなり、1センチくらいになったところで検査をしました。
多分悪性ではないだろうとは言われていましたが、嫌な気持ちでした。

詳細を調べた結果、これは腫瘍ではなく、化膿性の腫瘤とのことでした。
免疫異常のようなサルリの体質が、腸とは別な場所で炎症を起こしたらしいケースでした。
こちらに関しては、メトロニダゾールを飲んでいる他に、ナジフロキサジンという抗菌剤をつけています。

今回、サルリの腫瘤の生体検査をするにあたって、血液検査も行い、TLI検査(膵臓)もしました。
腫瘤の場所が甲状腺の位置だったこと、甲状腺異常がIBDの原因になることもあり、甲状腺の検査もしました。

今のところ、この薬のおかげでお腹も腫瘤も改善しています。
来月になったら、アレルギー検査をしようと考えています。
他の免疫反応も調べたいところなのですが、さすがに検査のためだけに腸を切り取り生体検査をするのは
私も嫌ですし、先生も勧められませんから。。。


 

サルリの病気との闘いは一生です。
ギズモの時も思ったのですが、ネコを繁殖するということをしている人たちには
命を預かっているんだということをしっかりと考え、きちんと勉強をし、そして健康な子を繁殖させて欲しいと思っています。
色々な病気を持ったり障害を負った子たちは、とても可哀想です。
本人だって当然可哀想、だけど、その子と暮らす人間の家族だって大変です。


これから生き物を飼おうと考えておられる方は、その点も頭に入れた上で自分の目で飼育状況を見て納得し、
必要と思う質問をして、ブリーダーさんの知識にも納得してから迎え入れることをお勧めします。
決してブリーダーさんの言葉を鵜呑みにせず、自分の考えをぶつけて、調べたいことを調べることをお勧めします。
(悲しいことに、売ることだけが目的な悪質なブリーダーさんは、平気で嘘をつきますから・・・)

ちょっと難しいことですが、命を迎えるっていうことはそれくらい大切なことだと私は考えています。
きちんと向き合っていれば、そこからブリーダーさんとの信頼関係が築けます。
そういうことをしてくれないブリーダーさんは、いくら可愛く見える子を繁殖していたとしても
きっと適切ではない、そう思った方がいいのではないかなぁ、と思います。

そこまでしたって、実際は絶対に健康な子を迎えられるかどうかは保証できません。
けれど、やるべきことをやらないで、もしも現実が悲しいことになったとしたら、人を怨むでしょ?
それだって自分の責任なんですけどね。そして、その子だって自分だって悲しい。。。
でも、やるべきことをやった上だったら、きっと運命を受け入れられると思うのです。

正直、動物の家族って本当にいろいろとお金がかかります。
治療費だって、決して馬鹿にできません。人よりもずっと掛かります。その覚悟も必要です。
でも、家族として迎え入れるその幸せが増えるのです。
だから、必要な時にはきちんと病院に連れて行くことを絶対に誓って欲しいと思います。
それが家族としての当然の務めだと思うから。。。

 


でも、秋はお腹が空くんだよな~。

5393.jpg


タグ:ネコ
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 6

コメント 7

*Leo*

う〜ん、いろいろ大変!
でもちゃんと考えて行動してくれる従者さんちの子になれたサルリくんはとっても幸せ者なのだ♪
そーだよねー、秋はさんまがおいしい季節だよね!
by *Leo* (2009-10-25 22:07) 

マコちん

オラね、いわゆる良いブリーダーさんに出会った事がないの…

だから純血種と暮らした事がないんだよね。
サルリ君はそんな病気があったんだね。
ホニャは生まれつき腎臓が小さかったけど幸い長生きしてくれてます。

今は年齢的なもので週に1から2回病院で点滴したりもするけど、少しでも長生きできるように病院にも通ってる。
R菜が動物看護師になってくれたお陰で半額にしてもらってるから出来てるけれど、まともに払っていたらこんなに頻繁に検査もできたかどうか…

オラが独身の頃と比べると、獣医師会に加入してる病院が増えたから料金も明確になってきたし!
昔は注射一本打つと1万円は確実だったもんな…

オラはそのために日払いでスナックでバイトしたし(-_-;

せっかく迎え入れた家族、1日でも長生きして欲しい。
サルリ君も少しでも改善してくれる事を祈ってるよ!
by マコちん (2009-10-25 22:22) 

従者

*Leo*さん
nice!ありがとうございます♪
うちの子になったからには、楽しく長生きしてほしい。
本当は、サルリのではない子が来るはずだったんだ。
でも、うちに来る前に、耳の手術の麻酔で星になっちゃって・・・。
きっと、サルリはうちに来る運命だったんだなと思うんだ。

秋刀魚。おいしーよねー、園児の代わりに私が堪能してあげよう(違;;;


マコちん
何で食べちゃいけないものを食べようとするんだ~ヽ(`Д´)ノ
なんで、一杯ご飯食べたのにもらってないような顔をするんだ~っ!
何度、このおばかちんに腹を立てたことがあるか・・・。
でもねー、園児のせいじゃないからねー、叱れない。
若い頃だったら怒ってたと思うけど、今は冷静になれる。

マコちん、大変な思いをして一緒に戦ってきたんだね。。。
ホニャちんは、本当に幸せだ。
園児も、ホニャちんに負けないくらい幸せにしてあげなきゃ!
by 従者 (2009-10-26 07:46) 

ことり

こんばんは!
お久しぶりです~
ご無沙汰している間に家族が増えている!
ギズモちゃんが、お子ちゃまからお姉さまに変身していてビックリしています。
サルリちゃんお大事にしてくださいね。
また遊びに来ます♪

by ことり (2009-10-26 20:26) 

従者

ことりさん
こんばんは、ご無沙汰してます!!
家族、増えてますよ~、黒いのと茶色いの。
この黒い子はね、似てるけど実はギズモじゃないんです。
ギズモは一昨年の2月、突然お星さまになってしまって・・・・゚・(ノД`)・゚・
サルリ(茶)が1歳9カ月、デビー(黒)が1歳5カ月です。
これからも宜しくお願いしますね~(≧▽≦)
by 従者 (2009-10-26 21:41) 

モモパパ

さるり(ジッチ)くん元気そうなのに・・・大変><
抗生剤が効くという事は感染の可能性が高いって事では無いのですな・・・難しい><
母よ!がんばってさるりくんを出来る限り元気で長生きさせてやっておくれ〜!!
by モモパパ (2009-11-01 19:12) 

従者

モモパパさん
サルリは元気そうに見えるんですけど、腸が・・・(涙)
却ってデビ太の方が元気満々なんですよ。
抗菌剤は、何で効くのかは医学的に証明されていないそうです。
でも、何故かネコのIBDにはメトロニダゾールが効くことが実証されているらしく、不思議です。
サルリはね~、その他にも原因不明であっちこっち痒がったりとかあって
今後も心配は尽きないのです(つд`)
by 従者 (2009-11-03 21:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。